自然派化粧品

ラトゥー

素肌力を追及する総合美容液 (ラトゥー/天然由来100%)

ラトゥー
ラトゥー「ラトゥー」は、ルバンシュが20年の研究成果をすべて注ぎ込んだ、天然由来100%処方の総合美容液です。
年齢とともに増える様々な肌の悩みにアプローチする美肌の素を凝縮しました。
中国古来の伝統処方に基づき配合された、8種類の和漢植物エキスが肌のめぐりを整え、ふっくら弾む健康肌へと導きます。
さらに、白金ナノコロイドやアスタキサンチンを新配合。明るく透明感ある素肌への追求も怠りません。
ラトゥーのすべては、あなたの肌のために・・・・・。
 
特徴
ラトゥー
◆和漢植物「温清飲(ウンセイイン)※」から抽出したエキスが肌の代謝機能をサポートします
   
 ※ 温清飲(ウンセイイン)  あらかじめ8種類の和漢植物がブレンドされたもの
 
 一般的に化粧品に配合される和漢植物エキスは単一原料から個々に抽出されたものです。これに対し、あらかじめ複数をブレンドしたものからの抽出は漢方処方に限りなく近く、和漢植物の力をより発揮させることができます。(個々のエキスを配合するより血流効果が認められました(原料メーカー調べ))
◆3種類のヒアルロン酸を贅沢に配合

 即効性・浸透性・持続性と性質の違うヒアルロン酸を配合することで、吸いつくようなふっくらとした柔肌へと導きます。
 

◆天然由来成分100%処方

 石油成分はもちろんのこと、動物由来成分も排除。肌へのやさしさにこだわりました。

◆大学との共同研究で各種効果、作用を確認

◎ 白金ナノコロイド複合体(独自成分)   東京工科大学にて抗老化評価
 ・紫外線照射による皮膚の炎症を予防できる可能性を示しました。
    研究報告書(一部抜粋) PDFファイル(1.35MB)                       
    PDFファイル1

 ・シミの原因となるメラニン合成の酵素'チロシナーゼ'を分解促進することを確認、美白作用の可能性を示しました。(従来はチロシナーゼの活性抑制が中心でしたが、分解促進が確認されるケースは珍しい)
    研究報告書(一部抜粋) PDFファイル(1.91MB)
    PDFファイル1

◎ アスタキサンチン   藤田保健衛生大学と東京工科大学にて新メカニズムを解明 
 ・ヒト3次元皮膚モデルでのシミ形成試験で、アスタキサンチンが低濃度でも強力な美白効果を有することを見出しました。日本色素細胞学会などで研究発表。
    研究報告書(一部抜粋) PDFファイル(1.41MB)
    PDFファイル1

仕上がり・使用感
・べたつかず滑らかな使用感
・ふっくら、もっちりとした仕上がり
開発秘話

ルバンシュのスタートは美容液「ラトゥー」から始まりました。その後、名前は「モイストエッセンス」と改名、リニューアルを重ねた美容液ですが、2010年11月、創立20周年という節目に、この原点である美容液を全面改良しました。
20年の研究成果、技術を注ぎ込んで生まれた「ラトゥー」。
創業時の思いに立ち返るとともに、安心・安全へのこだわりを基本姿勢に、お肌の機能回復、素肌力の向上、美肌への追及・・・・、「ラトゥー」の名を復活させた裏側には、そんなルバンシュの思いと決意があります。

 ラトゥー === フランス語で"ここにすべてがある"の意

商品情報
商品名
ラトゥー
用 途
総合美容液
容 量
30ml (1~2ケ月分)
価 格
8,000円(税抜)
ご注文
カートを見る
お客様の声
お客様の声岐阜県 A.S様
ラトゥーを使うと、肌がしっとりすべすべになります。 素敵な効果ですね。
他を見る
※ その他、ラトゥーに関してのご意見・ご感想はこちらからご覧いただけます。

ラトゥーの全成分


全成分表示 <( )内は由来>
   
BG保湿 (サトウキビ)
グリセリン保湿 (ヤシ、パーム)
エタノール原料に含まれる溶媒 (サトウキビ)
レウコノストック/ダイコン根発酵液抗菌 (大根)
ヒアルロン酸Na保湿 (乳酸菌)
加水分解コラーゲン保湿・浸透型コラーゲン (魚)
加水分解ヒアルロン酸保湿・浸透型ヒアルロン酸 (乳酸菌)
アセチルヒアルロン酸Na保湿(スーパーヒアルロン酸) (乳酸菌)
白金保湿、抗酸化 (プラチナ)
アスタキサンチンハリUP、抗酸化 (藻類)
トウキエキス保湿 (当帰)
シャクヤクエキス保湿 (芍薬)
センキュウエキス保湿 (川芎)
ジオウエキス保湿 (地黄)
クチナシエキス保湿 (山梔子)
オウレンエキス保湿 (黄連)
オウバクエキス静菌 (黄柏)
オウゴンエキス保湿 (黄芩)
キサンタンガム粘度調整 (微生物)
タマリンドガム粘度調整 (タマリンド種子)
ラウリン酸ポリグリセリル-10アスタキサンチンの可溶化 (植物油)
ステアリン酸スクロースアスタキサンチンの可溶化 (植物油)
アルギニン保湿、pH調整 (タピオカ、サトウキビ)
トコフェロール抗酸化 (大豆、菜種)