自然派化粧品

企業理念

商品づくりのポリシー、そしてコンセプト


株式会社ルバンシュ 代表取締役 千田和弘
代表取締役 千田和弘(トップメッセージ)
ルバンシュでは、自然や生体に存在するものから成分を抽出し、肌にも良く、それでいて人はもちろん、自然環境にもやさしい「食べられるくらい安全な化粧品」を製造することにあります。原料一つ一つを、吟味して製造をしております。それが私たちの誇りであり、私たちの商品コンセプトです。
 
社名「ルバンシュ」とは
  「ルバンシュ」(revanche)とは、フランス語で「復讐」という意味です。このような化粧品会社らしからぬ意味を持つ社名をつけたのも、私自身、それなりの思いがあったからです。
私が化粧品会社を起こすきっかけとなったのは、前身の食品研究会社に勤務していた時です。ある健康食品メーカーから、「食品研究者がつくる安全な化粧品」の開発依頼を受けました。そして、化粧品に関してほとんど知識のないまま手始めに行ったのが、既存化粧品の分析でした。そこで、私は、化粧品業界の現状に大きなショックを受けました。
食品では禁止されている発癌性のある原料を用いたり、天然素材や植物原料をうたい文句にしている商品にしても、実際のところは、ほんのわずかな天然成分の他は、ほとんどは石油系の原料だったのです。それが堂々と自然派化粧品として売られている。また、大手メーカー商品の大部分は、※表示指定成分や石油系の界面活性剤を使用していますが、これでは、素肌にも自然環境にも良くない影響を及ぼします。
そうした、業界のあり方に一石を投じたいという強い思いから、1990年、前述の「復讐」(英語では「revenge」リベンジ)という名前を考え、それをフランス語で表現することで語感を柔らかくし、社名といたしました。

「食べられるくらい安全な化粧品」がコンセプト
 ルバンシュ化粧品は、自然や生体に存在するものから成分を抽出し、肌にも良く、それでいて人はもちろん、自然環境にもやさしい「食べられるくらい安全な化粧品」であると自負しています。そんな誇りとコンセプトでつくる化粧品ですから、原料一つ一つにもこだわりがあります。例えば、クリームなど一般的な化粧品に必ず配合されている界面活性剤(水と油を混ぜるために欠かせない成分)は、通常、石油系のものが使用されていますが、ルバンシュでは、マヨネーズなどにも使われている「卵黄レシチン」という成分を使用しています。
この「卵黄レシチン」は、価格的には、合成のものと比べて10倍以上もするのですが、肌のトラブルの心配がないのはもちろん、肌への浸透を促進するという作用もあるため、従来のイメージとしてある「有害な界面活性剤」から「美容効果がある界面活性剤」へと変わるのです。
「できたての化粧品」をすぐお手元に
 食品にも鮮度があるように、化粧品にも鮮度があります。当社のように、天然原料を惜しみなく使用している場合はなおのこと、鮮度には大変気を使っています。
当社では、「新鮮な商品を届ける」ことに徹し、できるだけ小ロットでの製造を心がけて、通信販売を軸に販売しております。